05/21

next 1996/05/21 back

 珈琲はペーパーフィルターを使って淹れるのが手軽だ。このカリタのポットは重宝したが、これを描いた数年後、不注意で割ってしまった。
 でも、このポットは「記録」として残っている。「記録」が有る限りは、私には「記憶」として永遠に残る。
 これが「絵手紙」=「描いたもの」の良い所だ。

 「熱い珈琲を」

一覧画面へ