けんの独り言

INDEX

ホームページに挑戦!
2001/03/16

 今は、便利な世の中になったもので、個展や展覧会を開くのにも会場の確保や予算の制約など全く気にする必要は無い。
 公序良俗に反しない限り、インターネット上で、誰でもどんなものでも自由に公開できる。だから、私もインターネット上で、自分の絵手紙の個展を開くことにした。

 きっかけは私の同僚、「けっけ君」が講師となって、HTML言語の勉強会をやったことだ。私は出席出来なかったが、彼から資料を貰い、眺めているうちに「な〜んだ。これならオレにも出来るぞ。」というものだった。

 そう決めたのは良いが、これが簡単には行かない。まず、ホームページづくりの知識が無い。次に金が無い。幸い、時間と能力だけは有る。(爆笑!)
 今は、ホームページ作成のソフトも売ってはいるが、出来るだけ金はかけたくない。だから、タグを勉強し、自分でキーボードを叩くしかない。

 まず知識からと言う訳で、昔なら参考書を買いに本屋に走るのだが、今の時代はそんなことをする必要は無い。
 机についたままマウスをクリックするだけで、必要な知識は向こうから飛び込んでくる。パソコンを買う金を抜きにすれば、わずかの電話代+αで情報が入って来る。

 特に、お世話になったのが、とほほのWWW入門。ここは、HP初心者の私にでも簡単に理解できたし、今も時々お世話になっている。また、牛飼いとアイコンの部屋などは、使える小道具が豊富に揃ったサイトである。

 加えて、この二つのサイトは、インターネット上や自分のホームページ上で「最低限やらねばならないこと。絶対にやってはならないこと。」が、事例を上げて詳しく解説してあるので非常に役に立つ。ホームページを作成する人は、初心者からベテランまで、この二つのサイトを見ておいて損は無い。


とほほ 牛飼い

 夜も寝ないで、悪戦苦闘を繰り返しながらも、どうにか公開にまで漕ぎ着けることが出来た。
 他人のホームページの良いところは、真似をして、あとは自分らしさをどう出すかだ。

 良いことに、絵手紙は個性の固まりだから、その個性をあちらこちらにちりばめれば、それだけで良い。
 やり方は人まねでも、出来上がる物には自分らしさが現れると信じて、今日もキーボードを叩く「けん」であった。

 けっけ君はじめ、お世話になった方々には、心から感謝の言葉を申し上げます。
 どうもありがとうございました。







次の独り言へ 本頁の先頭へ 前の独り言へ